2010年夏Cubaの旅  タオロ

 Erはベダードにある、友達の家の一部をアトリエとして借りています。
ただし夏の間だけはミラマル近くのタオロが彼の仕事場。そして
そこはムセオ(博物館)の一部だと、何度か写真をみせて説明してくれる
のですが、どう見ても普通の石造りの家にしかみえません。
それでも田舎風なのが何故か心引かれ、次の日タオロの彼の
仕事場に連れていってもらうことにしました。
ところが、そこがハバナからどれくらい遠いのか、彼がカサに迎えに来
てくれた時、全く気がつかず、結局Erはこの日2往復することに。
Muchas Gracias.





クバノが利用するバスは料金はとても安いのですが、ものすごく混み合
います。そのバスを2台か3台乗り継いで行くので、2時間~2時間半くら
いかかるのです。タオロに到着した時はすでにぐったりだったものの、
予想通り緑や花がたくさんあって気持ちいい。それに時間がゆっくり流
れていて、のんびりできそうやわ~。





坂道を少し上って行くと、その先に大きな木や広い庭。それに古い建物
が見えます。あ、あれが写真で見たムセオ?たぶん・・・・。
さっそく2人で庭一面に広がる深緑色の草を踏みしめて建物のほうに歩いて
行くと、建物の前には管理人のおじさんが一人座っていました。





そして、その建物の横には・・・・これ、トリニダで見たマナカ・イスナガの塔
とよく似ています。1860年頃、この辺り一帯にもサトウキビのプランテーシ
ョンがあり、ムセオの建物もその頃の物。塔はイスナガの奴隷を監視するた
めのような塔ではなく、鐘を鳴らしていろんな事を指示する為のものでした。





また建物の中には当時の物が残されているというので、区切られた部屋の
中の一つに入ってみると・・・・木製ドアが壁に立てかけてあり・・・・・
その前に並んだ様々な形の錆びた鉄の部品を見てドキッ!
これらはプランテーションで働く奴隷達に使った手錠や足かせ、それに
拷問の為の道具。Erは淡々と説明してくれるのだけれど、私はどれをどん
な風に使ったのかは怖くてきけませんでした。





外に出ると、他にもすでに観光地になっているマナカイスナガでは見なか
った物・・・ちょうどカンボジアの遺跡タ・プロームで見たような光景。
樹木が石をも飲み込んでいる、その様子にちょっとたじろいでしまいまし
た。実はここ、奴隷達の暮らしていた建物だったそうです。

イスナガのような塔は大小の違いはあれ、150年前には現実にこの国の
あちこちに建てられていたんよね。

暫く辺りを散歩した後は、美しいタオロの夕焼けにさようならをしてハバナに
帰ることに。明日はもう出国です。

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

viajedecubas

Author:viajedecubas
viajedecubasです。
2005年から年一回毎年旅していたキューバは卒業?して
2014年はグアテマラを旅しました。サルサ、絵、島国の旅 アイスクリームが好きです。
Me llamo Viajedecubas.
Desde 2005 iría del viaje a Cuba una vez cada un año.
Pero terminé de viajar a Cuba y en 2014 fui de viaje a Guatemala. Me gustan bailar salsa,pintar,viajar a las islas y helados.

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR