シェラ近郊の村 その4 

活動表5466

7.スニル Zunil
シェラからチキンバスで30分の距離にある村。(4.50ケツアル)
ここへはセルバンテス語学学校の戸外授業として一回。シェラの
ラファエル・ランディバール大学の学生グループ主催「ウイピル
や織物の見学ツアー」で再度訪問しました。

スニル橋5484


スニル洗濯5489

生活に欠かせない水。
山から落ちて川の流れとなった豊かな水は洗濯にも利用されています。

スニルサンタ・マリア5482

シェラの周りにある4つの火山のひとつ、サンタ・マリア山。
富士山のように、なだらかなフォルムが美しい。


スニル5468

2階建ての大きな建物。中も外もきれいです。

スニル5467


スニル5470


スニル5471

セルバンテス学校からリンダと初めての戸外活動に出かけた先が
スニル。メルカドが開いている月曜と土曜は学校のスケジュール
と合わず火曜にでかけました。それでも大きな倉庫のような建物
中に、数は少ないけれど野菜や肉、織物、生活用品など一揃いの
お店を見ることができました。

大学175

2度目の訪問は、グアテマラの大学生数人とセルバンテス学校からの
学生参加者数名と一緒に貸切バンでまずは大学へ。
ラファエル大学の学生さんが構内をさらっと案内してくれましたが
構内のガードマンらしき人に写真撮影を何故か?止められました。

製品178

会議室のテーブルに置かれた製品の一部。


織り方193


2人織り192

実際には、一方を壁に引っ掛けて一人で織っていきます。


ウイピル176

マヤ族の民族衣装ウイピルは配色、文様、などが村ごとに違っていて、
その配色の面白さや文様の種類の多さなど、カジェで見かける彼女達のファッションに
は目を奪われることもしばしば。

柄と柄の組み合わせでも色を同系色でまとめたり、思い切り全部派手に組み合わせ
たり、と色の使い方がとても上手。
たくさんの色数を使うのは、色それぞれに意味があるからだそうです

着付け184

男性着付け199

モデルはドイツ人学生ですが、違和感なしで似合ってますね。
男性のウイピルはとっても個性的で、村によってはピンク色のシャツも。でもすご
く値段が高いので最近は日常的に着ている人を殆ど見かけなくなったそうです。

ウイピル3人191

その後スニル村へ。到着したのはある国際NGO団体の建物。中に入ると
マヤ族の人たちが作った製品が棚に並べられていました。

そして奥の会議室では、ウイピルに関する説明と織物製作のデモンストレイション、
そして私達学生の男性と女性それぞれにウイピルを実際に着付けしてくれました。

また製品に対する私達(外国人)の感想や意見を求められました。
今後の参考にしたいそう。うんうん、大切な事ですよね。

NGOの人は英語も話せるので、セルバンテスの学生達は皆自分の考えを
率直に述べていました。また私も質問を受けたので・・・スペイン語で考えや疑問を
言ったらNGOの人は何故かドギマギした様子(汗)
いまいちよく伝わらなかったのかな??
代わりに学生仲間が、英語で私の言ったことを補足説明してくれたら、安心顔になり
ました(笑) Muchas gracias !

にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村

   





comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

viajedecubas

Author:viajedecubas
viajedecubasです。
2005年から年一回毎年旅していたキューバは卒業?して
2014年はグアテマラを旅しました。サルサ、絵、島国の旅 アイスクリームが好きです。
Me llamo Viajedecubas.
Desde 2005 iría del viaje a Cuba una vez cada un año.
Pero terminé de viajar a Cuba y en 2014 fui de viaje a Guatemala. Me gustan bailar salsa,pintar,viajar a las islas y helados.

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR