2012年冬cubaの旅 オルギン 結婚式

オルギンに来て3日目。カサのオーナー、レティシアが友達の結婚式に参列する
と言うので単なる報告だと思い「ふん ふん」と聞いていたら、「私も出席する
ことになってる!」と聞いてビックリ!  
キューバ式結婚式はどんなのかが見れるチャンス。お祝い事でもありもちろん
喜んで受けました。

ボ-ダ絵4070

新郎(イタリア人)ファビオと新婦(クバナ)ナタリアに何かお祝いを!と思ったものの
2人の好みも人柄もわからないので、写真を元に絵を描いてプレゼントすることにしました。
ところが絵の具を持ってきてません、あわてて色鉛筆を借りて着色。色テープで囲んで額代
わりにしました。 2人ともとっても喜んでくれてよかった!!
Felicidades!

式に着ていくドレスとアクセサリーはレティシアの娘ネラから借りて
旦那さん達、ポリ(レティシアの)エミリオ(ネラの)と一緒にシボネイ
・クラブへ。式が始まるのは11時。10時30分頃にファビオの運転する車で
式場に到着しました。が会場の2階に上がると誰もいません。
灯りもついていず飾りのふうせんがだらんと天井からぶら下がっています。
これはどう見ても明らかに準備中。 

新郎が会場の係りの人と話しているけれど・・ここはキューバ。
「突然ですが式は中止です」なんて何の説明もなく告げられることがあっても
不思議ではないし・・・。
それでも兎に角式は行われることがわかり、ホッとして指定席へ。

暫くすると新郎のファミリアがイタリアから到着。新婦ナタリアのファミリアも
入場する頃にはどうにか会場の準備も整ったようです。誓いの言葉、ベソ、
指輪の交換の後は入籍のサインをして式は終了。が、そこへ真っ白いドレスを着た
3才くらいの女の子が2人の間に割って入ってきました。どちらかの親せきの子供
だと思っていたら、何と新婦と新郎との子供でした。

でもたしか・・・ファビオがイタリアからキューバに来たのは1ヶ月前。でも女
の子は2人の子供でナタリアはずっとキューバで暮らしていた。
と言うからどうなってる??
このややこしい関係はカサに帰ってからレティシアの解説を聞いてやっと謎が解
けました。(長くなるのでここでは省略します。)

日本の結婚式とは違い、披露宴の間子供たちが会場の中をあちこち動き回って遊
んでいましたが、誰も気にすることなく、大人はそれぞれのテーブルで食事をし
ながら雑談していました。

ボーダ4095

それでも、花嫁が花嫁の父とお別れのダンスをし始めると、いっぺんんに会場が
シーンとなって、お父さんの娘への思いが伝わってきてこの時だけはしんみり。

そして再び音楽が鳴るとテーブルを立ってダンスタイム。でもネラとエミリオの2人
ともサルサが踊れないらしい。それに、いやがるレティシアの変わりに、私がポリの
リードで踊って楽しみました(笑)

theme : 海外旅行記
genre : 旅行

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

viajedecubas

Author:viajedecubas
viajedecubasです。
2005年から年一回毎年旅していたキューバは卒業?して
2014年はグアテマラを旅しました。サルサ、絵、島国の旅 アイスクリームが好きです。
Me llamo Viajedecubas.
Desde 2005 iría del viaje a Cuba una vez cada un año.
Pero terminé de viajar a Cuba y en 2014 fui de viaje a Guatemala. Me gustan bailar salsa,pintar,viajar a las islas y helados.

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR