2011年cuba冬の旅  おわりに

今回は旅の途中で東日本に大震災が起こり、福島原発の事故
や津波による被害の影響は今現在も続いています。

Cuba滞在中はテレビのニュース番組で、連日津波の映像が流さ
れていた事もあり、私が日本人とわかると、会う人の誰
もが「君のファミリアは無事か?」とたずねてくれました。
家族とはメイルで連絡がとれていたので、私の周りは大丈夫と
わかってはいましたが、実際に成田に着き、行きと景色が変わ
っていないことにホットしました。

一方Cuba、特にハバナでは、以前何もなかった場所に、一年後
にはピカピカの建物が建っていたり、新しくレストランやカフ
ェテリアが開業していたりで、ビックリすることもしばしば。
その逆にガイドブックに載っている店をやっと探し当てたら
すでに廃業していたなんて事も。

以前描いた絵がもう「思い出」になってしまっているのがとて
も残念です。今日あったものが明日もあるとは限らない。
そいう時代に私達は生きているんですよね。

私から見たCubaには、「描きたいもの全て」が道端にごろ
ごろ転がっています。クバノ達はその「宝」に気付いていないよ
うに見えます。彼らが見ているのは「今」だけなんかな??

昨日、ハバナのカサのオーナーカルロスからメイルが来ました。
ハバナでも日本と同じく今年の冬は、例年になく暑いそうです。
どうやら次回は海で泳げそうですね。
Hasta luego

2011年cuba冬の旅  帰国「トロント~成田」

トロントでは行きと同じくベスト・ウエスタン・ホテルに1泊。
翌朝ホテルのシャトルバスでトロント空港へ。震災の影響で
何か変更があるかも知れないので、まずは電光掲示板でチ
ェックインカウンターの場所と行き先、便を確認すると・・・。  

あれ?あれ? AC01便のルートが
トロント~大阪~成田・・・に変更になっています。
(AC01便の本来のルートは、トロント~成田)

もしこの通り関空で降りることができれば、時間短縮
になってラッキー!と思いきや、

「飛行機はこのルートで飛ぶけれど乗客はそのまま座席で待
機してほしい」とACのカウンターのお姉さんがいいます。。

そんなんおかしいやん!納得できなくて
「何で?何で?」と食い下がっていたら、

「誰か彼女(私)に日本語で説明できる人を呼んで来て!」と
慌てはじめました。えー!言ってることは解ってるんやけど(苦笑)

丁度他のカウンターでチェック中の日本人カップル(トロント在住)
Yさん夫妻が「地震や放射能の心配から一時避難していた、大阪に
いるACのクルーを東京に連れて行き、バンクーバーに帰国させる
為に、大阪に寄るらしい」と教えてくれました。 

何だかおかしいと思ったら、ACの都合で飛行機をルート変更した
んですよね。16時間後に到着した成田では国内便はすでに終了。
AC手配の成田ガーデンホテルで一泊することになりました
くたびれた~。

翌朝5時半頃、ホテル4階の部屋で大きな揺れが!地震です。
そして7時ころにも。また羽田空港でも2度揺れました。
東北地震の余震がまた続いているようです。
ここはたぶん震度2か3くらいで、揺れている時間もそんなに長くはな
かったけれど、とても怖かったです。東北ではM9の強さで2分近くも
揺れていたそうです。現地の人達はどんなに怖かったことか・・・。

2011年冬cubaの旅   再びハバナ   「色いろなケーキ」

カサに帰ってからは、マッサージをしたり、右足を毛布にくるん
で暖めたりと必死にケア。その成果か?
翌朝にはほぼ普通に歩けるようになりました。やれやれ(苦笑)
それにダンスも痛みを殆ど感じることなくちゃんと踊れました。
不思議・・・・。

ハバナでの滞在もあと1日を残すのみ。セイラのカサに、セイラのボー
イフレンドのラモン。娘のチェイラとその恋人(半年前からのお付き合
いだとか)が集まってくれて私の誕生日のお祝いをしてくれました。

ケーキ181
ケーキには名前も入ってます Muchas Gracias!

大きな四角いケーキのクリームは私のリクエスト通り「白いクリーム」。
よかった~(笑)
緑や青、赤色のクリームがあり、去年用意してくれたのは黄色でした。

インプレンンタ179
ビエハにあるレストラン。元は印刷会社だったところを改装したもの

ウインドーの中3345
カサの2階窓から見ると・・・何故か
ウインドーの中に人が・・本物のマネキン?(笑)


キューバ3人SAN185
この3人、誰だかわかりますか?

そしていよいよ帰国の日、カテドラル前にいるピントール(絵描きさん)
達やダンスの先生達にお別れの挨拶をしてカルロスのカサに戻りました。
すると何故かカルロスとタクシーのドライバーが1階で待っています。
空港に行くにはまだ時間は十分あるのにどうして???と思ったら、
昨日からサマータイムに変わり、1時間早くなったのです。
これは日本にはない習慣。すっかり忘れていました~!
急いで空港に向かったのは言うまでもありません。幸い空港着3時間
前に設定していたので、予定通り15:45発エアカナダ便でトロントへ
向かいました。

2011年冬cubaの旅   再びハバナ 「チャチャチャでイタタ」

ムセオ前3344
手前はムセオ・ナシオナル・デ・ベジャス・アルテス。右奥に
見えるのがカピトリオのドーム部分。

カサから近くて、しかも料金が安いネットカフェはカピトリオ内
のカフェ。朝食後すぐにカピトリオへ行くと・・・・ガーン!
正面入口の階段前にはロープが張られていて中に入れません。
ポリシアからは「一年間は中に入れないよ」と言われビックリ!
それで「中の見学ではなくて、インターネットがしたい」と告げる
と建物奥の小さな入り口まで連れて行ってくれました。
よかった!Gracias!
ここはCuba、やっぱり諦めないで言ってみるもんですね。

ネットで津波の様子をyoutubeやyahoo japanの動画で
見れたものの、町が破壊されていく姿は現実だとはとても思え
ないすごさ。カサに戻りテレビのニュースを見逃さないようにして
いる内に、外出の回数も減り、何回も繰り返し映像を見てい
ると、だんだん気持ちが沈んで来るのが自分でもわかりました。
これはよくないなあ~。気持ちが上向きになることを何かしよう
とダンスのレッスンを受けることに決めました。

さっそくダンスクラスがあるコメディアのオフィスを訪ねると
2階で丁度ウイリアムとミゲルがドイツ人グループにサルサを
教えているところでした。休憩時間を待ってチャチャチャの
レッスンを申し込むと、ウイリアムが私の手をとってすぐに踊
り始めました。

ちょっと緊張気味。チャチャチャのリズムを足で小刻みにステ
ップすると・・・あれあれ?何故かスキップしてしまう(笑)
このおかしな癖のせいか?夜になってから右ふくらはぎがひき
つって痛い。イタタ
プラサビエハSAN168

プラサビエハSAN167

プラサビエハSAN172

翌日、プラサ・ハバナビエハ(ハバナビエハ広場)へ描きかけ
の絵の続きを描こうと屈んだとたん、イタタ。
ここまで足を引きずってきたのに・・・今日はもう描けそう
にないなあ~。

諦めて帰ろうとしたときです。広場横にある、学校の門前に座っ
ていたおじさんが、怖い顔でじっとこちらを見ているのに気が
つきました。そしてゆっくりとこちらに近づいて来ます。
な、何を言われるんやろか?と身構えていると・・・・・、
低いドスのきいた声で

「す~わ~れ。いいから す~わ~れ~」と横に積み重ねてあった

椅子を一脚運んで来てくれました。
Gu Gu Guracias!

2011年冬cubaの旅  マタンサスで知った3・11

Cubaにいる間、めったに日本からメイルは来ないのですが、
その日の朝(日本は時差で夜)珍しく千からメイルが来ました。
文面を見てビックリ!!それは東北、関東に強い地震と津波が来
たという知らせでした。詳しい状況が知りたくて急いでインター
ネットができるエテクサへ。

ところがネットができるPCはわずか3台。しかも2台は故障中。
唯一繋がる1台のPCを待つ人達が長い列を作っています。
うーん、どうしたものかと、列から外れ思案していると・・・
カウンターの受付の女性が「日本が大変なことになっているけれ
ど、あなたのファミリアは大丈夫?」と心配して声を掛けてくれ
ました。

お礼を言って、家族は無事だけれど「もっと詳しいことをネット
で知りたい」と答えると、私の順番を繰上げてくれて、直ぐに
Yahoo newsにアクセスすることができました。英文なので詳し
い内容は大よそしか解らなかったけれど、真っ黒な波が厚い壁に
なって堤防を悠々と越えていく画像が現れたときは、思わず
「わー!」と声が出ました。いったい日本はどうなってしまうん
やろか・・・・??

cuba新聞グランマ606
写真は千葉の石油タンクが爆発している様子。
3月12日新聞グランマの記事です。

それからは朝8時、お昼1時、夜8時にテレビ前で日本の様子を伝
えるニュースを見逃さないようにしていたのですが、なかなか
新しい情報が放送されず、あの恐ろしい画像が繰り返し放送され
ていました。長野でも地震が起こった事、千葉の石油精製タンク
が爆発した事などの情報は千からのメイルで知りました。被害は
どのくらい広がっているんかな・・東北の友達は無事かな・・・。

日本についてのニュースを見たハバナのセイラ、カマグエイのア
レハンドロからも、ここマルタの所へ私のファミリアは無事かと電
話が来たそう。クバノの多くは大阪と東京、東北がどの位置にあり
、どのくらい距離があるか知らないからです。それで大阪と東京は
ハバナとサンチアゴ・デ・クバくらい離れていると説明すると2人
とも納得していました。
Gracias por preocuparme a mi familia y a Japón.

詳しくはわからないまま、とにかく予定通りマタンサスからハバナ
へ向かうことにしました。カサからビアスールのターミナルまで
タクシーで10分(1cuc)。バスは(7cuc)9時に出発しハバナへ
は12時ころに到着。ハバナのターミナルから再びセントロのカルロ
スのカサへタクシーで(5cuc)戻りました。何故かハバナに帰
って来るとホットするのです。

プロフィール

viajedecubas

Author:viajedecubas
viajedecubasです。
2005年から年一回毎年旅していたキューバは卒業?して
2014年はグアテマラを旅しました。サルサ、絵、島国の旅 アイスクリームが好きです。
Me llamo Viajedecubas.
Desde 2005 iría del viaje a Cuba una vez cada un año.
Pero terminé de viajar a Cuba y en 2014 fui de viaje a Guatemala. Me gustan bailar salsa,pintar,viajar a las islas y helados.

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR